サステナ 英語レッスン

サステナ英語って何?

17のゴールとは

Rediscover Our Own Town

見方を変えて 住む町をもっと好きに

住み続けられるまちづくりを

LESSON
POINT
1

「いろいろな視点でものを見る」という表現を覚えよう

番組中のキーワード ものの見方/a point of view

舞台は京都です。主人公は、京都に移り住み、地元の人と楽しく町を歩いた結果、ユニークな観光ツアーを思いつきました。ユニークさをナレーションでこう説明しています。

観光ガイドではなく地元の人が自分の職業を通して町を案内するのです
字数の関係で「観光ガイドではなく」は省略し、「自分の職業の知識に裏付けられた観光案内をする」と訳しています。
⇒A local resident gives a tour
 backed with knowledge from their occupation.

*local(地元の/ロウカル)、resident(居住者/レジデントゥ)、give a tour(案内する/ギヴ・ア・トゥア)、backed with(~に裏付けられている/バックトゥ・ウィズ)、occupation(職業/アキュペイション)

観光客をガイドするのは、京都に住む建築士、工学博士、女性僧侶などさまざま。観光案内はプロのガイドさんがするものという見方を180度変えての発想ですね。

今回のキーワード a point of viewものの見方/ア・ポイントゥ・オヴ・ヴュ)は、「視点」や「観点」、「見解」とも訳せます。自分の視点はmy point of view、第三者の視点はtheir point of viewなどと使えます。
観光ツアーの参加者が感想をこう述べています。

自分が興味を持っていないものにも参加できて普段歩いていても見方が変わります
「ツアーで想像をかき立てられて見方が変わった」と意訳しています。
⇒The tour was so inspiring and changed my point of view.
*inspiring(想像をかき立てる/インスパイアリング)

point of viewはviewpoint(ヴュポイントゥ)と一語で言い換えることができます。
同義語にはperspective(パースペクティヴ)、standpoint(スタンドゥポイントゥ)などがあります。
From ~ viewpoint (perspective, standpoint) のようにfromを使うと、「~の観点から」という意味になります。
*From an environmental viewpoint, this is a serious problem.(環境の観点からすると、これは大問題だ)

主人公のインタビューの中で、fromを使って「見方を変える」という表現をしているところがあります。
歩き慣れた町とか、通い慣れた町こそが、見方が変わるとすごく面白い
⇒When you see your local town from a different angle, it is fun.
*angle(見方、角度/アングル)

ものごとを違った角度から見ることも大事ですね。

LESSON
POINT
2

言葉の情緒を伝えるため 日本語をそのまま“英語”にする

翻訳の肝

番組で取りあげた町歩きツアーは「まいまい」と名づけられていました。ナレーションで、「まいまい」とは「うろうろする」という京ことばだと説明しています。
⇒Maimai means “walking around” in Kyoto dialect.
*dialect(方言/ダイアレクトゥ)

続くナレーションでは「まいまい」を動詞としてそのまま使っています。
この日は建築士さんと町屋建築をまいまい
英訳するならwalk aroundですが、あえて日本語のままローマ字表記にしました。
⇒They “maimai” with an architect to learn about Machiya structures.
*architect(建築家、建築士/アーキテクトゥ)、structure(建造物/ストゥラクチャ)

奥ゆかしく上品で、ほっこりする京ことばをそのまま英語の動詞として使うことで、独特な雰囲気を醸し出すのではないでしょうか。

日本語がそのまま英語の動詞として使われる例をひとつ挙げておきましょう。「カラオケ」です。発音はキャリオウキ。
*I’ll karaoke with my friend tonight.(今夜友だちとカラオケする予定だ)

My point of view=見方を変えて町を見れば、意外な歴史や文化に気づくことがあるよね。観光名所でなくても発見できることはたくさんあると思うよ。
そんなことを思いながら、町を歩いてみよう。自分の町を好きになって、ずっと住もうと思う。それが住み続けられる「まちづくり」に繋がるんだよね。

サステナティーチャーサステナティーチャー

サステナティーチャー

フジテレビで5年間、LA駐在を経験。現在「フューチャーランナーズ」の英語校正を担当。エンタメを利用して英語を学ぼうと、洋楽のバンド活動にいそしむ。

ガチャピンとムックガチャピンとムック

(C)ガチャムク

わたくしが住む町でも知らないこと、多いですな。地元の人から教わって案内できるようになって、英語もこのレッスンで上達したら、外国の人を案内したいですな。音楽もつけちゃいますぞ!

LESSON
POINT
3

発音しよう

  • ・A point of view
  • ・The tour was so inspiring and changed my point of view.
  • (ツアーで想像をかき立てられ、私の見方が変わった)
鈴木 唯

鈴木 唯

フジテレビアナウンサー
早稲田大学国際教養学部卒業。中高はオール英語のコースを選択し、米国ワシントン大学への留学経験あり。
モットーは「やらない後悔よりやる後悔」。
英語好きを仕事に生かし、ハリウッドセレブや海外アスリートの取材を担当している。大好きなレオナルド・ディカプリオもインタビュー済み。実はゲーム好き。

前回のレッスンはこちら